Top > 日記 > 整理する会社も良く考えてから

整理する会社も良く考えてから

日刊紙の宣伝、電柱に貼られた広告やダイレクトメールで「借金の整理いたします」「借金を集約しましょう」と書かれたアピールを目に入れることがよくあります。

それらは、「整理屋」「買取屋」「つなぎ屋」という名称の企業のだまし広告のときがあります。

それらを利用した際には自己破産フローの中で最優先の免責認可を得られない可能性が存在します。

「整理人」の場合チラシなどで借金を抱える人はおびきよせすさまじい料金を取り借金整理をしますが、現実には債務整理はなされず、負債人は借金地獄に堕ちてしまうケースが9割方と言えます。

「買取専門人」では負債者の分割払いで電気製品、新幹線の券などを限界まで仕入れさせ負債者からこれらの品目を売値の20%~半分で買取るという手法をとっています。

負債者は金が増えますが、カード会社から購入物の全額の支払い要求が送られて来ることになり、借金額を増額させる結末で終わります。

この場合だとカード会社への犯罪とされてしまい免責判定を受けられません。

「紹介者」は、大企業の金融業者から借りられなくなった負債者に直接の融通はせずに、融資をする他の会社を呼び出し、費用を要求する企業です。

紹介人は自らの努力で資金提供できたというように報告しますが本当は何もしないままただ単に規程の甘めの業者を教えているというだけなのです。

この場合だと実際は借金を増大させる結末となります。
http://tainou.rikusuke.com/ 

日記

関連エントリー
年の差恋愛の成功の秘訣ライオン丸金沢支店整理する会社も良く考えてからフラッシュモブの話目を傷めるような行動はパソコン用メガネのブランド足場工事のお勉強やっぱり
カテゴリー
更新履歴
年の差恋愛の成功の秘訣(2014年5月 7日)
成田空港(2014年5月 1日)
ライオン丸(2014年4月23日)
自動車を安く買うにはカーズゴーゴー(2014年4月16日)
札幌と名古屋(2014年4月 8日)